おはよう!が
 響き合うまちへ
あなたもまちの
 キャストになろう!

「グッドモーニング調布!」は、調布に暮らす人々による地域プロジェクトです。
日々暮らすまちで、ふと足を止めたときに気づいたいくつかのゴミ。たった1人で始めたゴミ拾いがまちの清掃活動となり、駅前や公園の緑化活動につながり、更には植えた花から採れる“はちみつ”を、まちの人たちと楽しむ養蜂プロジェクト「調布みつばちプロジェクト」へと発展しました。

これらの活動を通して、知り合いと仲間が増え、まちの人たちが繋がりあい「おはよう!」と挨拶を交わしあう声がたくさん聞こえる。そんな光景が増えたらいいな、という想いで活動しています。

わたしたちと一緒に様々な活動を通して「調布」というまちの暮らしを楽しんでみませんか?

これまでグッドモーニング仙川!プロジェクトとして活動してきましたが、この活動の楽しさを調布全体へ広めていきたいと考え、グッドモーニング調布!と名称を変え活動していくことにいたしました。
これからもよろしくお願いいたします。

グッドモーニング仙川!プロジェクトのホームページ

児島秀樹

2014年より地域活動として「グッドモーニング仙川!プロジェクト」を始動。活動の3つの柱として「クリーンアップ仙川!(地域清掃)」「せんがわ緑化部(駅前・公園緑化)」そして植えた花から採集できるはちみつを地域でブランド化する「仙川みつばちプロジェクト」を立ち上げ。(国内では事例のないマンション養蜂として実践)2018年から深大寺地域でも養蜂を開始し、「深大みつばちプロジェクト」がスタート。仙川から始まった活動が、調布全体へと広がりをはじめたことを機に、オール調布のプロジェクトとして、2019年より「グッドモーニング調布!」として再始動。

「誰もが街のキャストになろう!」をコンセプトに、普通の会社員でも、誰もが無理なく地域参加できる街づくりを実践。ゴミ拾いから始まった活動は、地域の自然環境や、食のあり方を考えるきっかけとして、行政・学校等との協働により教育の場でも発信しています。

2018年から、誰もが自分の街で養蜂を楽しめる「コミュニティ養蜂スクール」を開講し、仙川町と深大寺元町にて街で行う養蜂について指導している。「みつばち×子ども×福祉×街づくり」をテーマに活動中。

  • グッドモーニング調布! 代表(調布市えんがわファンド助成団体)
  • 仙川みつばちプロジェクト 主宰
  • 深大みつばちプロジェクト 主宰
  • 仙川町・緑ヶ丘・若葉町 親和会(自治会) 15部 部長
  • 緑ヶ丘・仙川まちづくり協議会 役員
  • ちょうふチャリティーウォーク実行委員会 副実行委員長
  • 調布まちかつフェスタ実行委員(2017年度)


こんなメディアでご紹介いただきました。

もっと見る